2019年4月22日月曜日

葉桜の時期にはなりましたが

こんにちは、志向館英語講師の三木陽平です。GWに向けて、みなさんいかがお過ごしでしょうか。高校生の皆さんは勉強に部活に模試に、何かと大変かと思います。充実したGWになるよう過ごしてくださいね。志向館につきましては、GW中の授業がありませんが、自習室の利用は可能です。宿題が首尾よく済めば、GWもより充実するはずです。自習室を要領よく利用しましょう。

写真は金沢城公園の桜並木です。すっかり葉桜の時期になってしまいましたが、この撮影スポットは堀の水面に桜の写るきれいな場所です。ぜひ探してみては??

2019年4月21日日曜日

観測気球

観測気球、世論や相手の反応を探る目的で故意に流す情報のこと。本年10月の消費税10%引き上げをめぐり、現状の景気動向が続けば税率アップを検討、これは正しく政局を配慮した観測気球に他ならない▶さて志向館の予備校の講義が始まった。受験生にとって、自分の学習進度を客観的に測る上で模擬試験の存在は不可欠である。志向館でも今月からスタートする▶模擬試験は志望大学と自分の能力のマッチングをするものである。と同時に、保護者や各人の面接担当者に対する観測気球であると思うのである▶自分の学力を模擬試験の結果として最大限残していくことは、本試験に向けての自信になるはずである。これから始まる模擬試験に、常に全力で取り組んでもらいたい、と切に願う次第である。       
国語科  林   

2019年4月13日土曜日

新年度の開始

4/12(金)は予備校のガイダンスが行われました。
(写真は城北校での様子になります。)
今年度の予備校の授業は来週月曜日から始まります。
この時期に現役志向館館生の皆さんには、新学年で良いスタートダッシュを切ることが大切だと話しています。それは予備校生の皆さんも、我々職員にも言えることであり、授業を実施する側としても入念な準備をした上で、毎年初講に臨んでいます。
来年の入試での合格を目指して、ともに頑張っていきましょう。
理系部会 山下

2019年4月1日月曜日

新年度そして新しい元号

 新しい元号が発表されました。昔は悪いこと(飢饉など)があったときに元号を変えるといったこともあったのですが、それは歴史上の話で、現在では天皇崩御に際して、元号を改めるというのが続いていました。今回はそういう点では国民も新元号は何だろうとかテレビを見ていても何かお祭りのような明るい雰囲気になっています。
 元号が変わると大人子供に限らず、みんなが少なからず影響を受けることになるでしょう。平成しか知らないまだ若い人たちも、元号が変わるとはこんな感じなのだというのも実感できますね。
 志向館は昭和59年からやっていますから3つの元号をまたぐことになります。新しい時代に際し、時代に合わせ変わっていく必要もあるのでしょう。

徳野

ウイルス フリー。 www.avg.com

2019年3月22日金曜日

昨夜のイチロー選手の引退会見より

そのまま受験生へのアドバイスになると思い、抜粋させていただきます。

「人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。あくまでも、はかりは自分の中にある。それで自分なりにはかりを使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと越えていくということを繰り返していく。そうすると、いつの日からかこんな自分になっているんだ、という状態になって。だから少しずつの積み重ねが、それでしか自分を越えていけないと思うんですよね。一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて、それは続けられないと僕は考えているので、地道に進むしかない。進むだけではないですね。後退もしながら、ある時は後退しかしない時期もあると思うので。でも、自分がやると決めたことを信じてやっていく。でもそれは正解とは限らないですよね。間違ったことを続けてしまっていることもあるんですけど、でもそうやって遠回りすることでしか、本当の自分に出会えないというか、そんな気がしているので・・」
                            志向館・前川

2019年3月6日水曜日

ピンチは、チャンス論

不遇な時こそ、絶好の機会である。志向館で学ぶ皆さんの中には、耳にした方もいるはずです▶ユダヤ人、世界中の金融・メディアさらにはハリウッドの映画産業にも絶大な影響力を持つわずか1300万人足らずの民族です、の中にこんな寓話(教訓的たとえ話)があります▶一匹のカエルが、牛乳からなる大海を泳いでいました。普段の水とは違うと察したカエルは、身の危険を感じ必死にもがきます。正しくピンチです。得意な泳ぎで足をバタつかせます、すると牛乳は液体から撹拌することによって、バターに変わりました。個体に変わった海からカエルは、無事脱出できたという話です▶この話しから私は、①ピンチの時こそあらゆる手段で、もがき苦しむ②必ずチャンスは到来する、このことを学びました。ピンチの時に、ボーっとしていてはいけないのです▶この春から志向館で捲土重来を期す皆さん、一緒にもがき苦しみバターどころか絶品チーズに変えて見ましょう。      国語科・林博章
    

2019年2月19日火曜日

東京の物価

こんにちは、志向館英語講師の三木陽平です。

さあ、三年生は受験シーズン真っただ中。私立受験期間も一段落し、いよいよ国公立受験
に向けて満を持して臨むところですね。

私事ですが、2月の半ばに東京に行く機会がありました。

知人との待ち合わせもありましたので、上野駅近くの喫茶店で時間をつぶそうと思い入店したところ、

コーヒー1杯の値段が、なんと1080円でした。

上野駅の目の前という立地はあるかもしれません、高級路線なのかもしれませんが、さすがに1080円には驚かざるを得ませんでした。

さすが東京、金沢とは違うといったところでしょうが、、、しかしながらその後東京の友人にこの話をしたところ、「いやその値段は高すぎるよ。」、と一蹴されてしまいましたが。

高校生の皆さんも受験で都会に出る機会はあるかと思います。志望校合格もさることながら、都会ならではの経験も味わってきてくださいね。

私はいつものまとめ買いで買える100円のマウントレーニアで満足で
す。それでは。